本文へ移動

生活困窮者の支援

自立相談支援事業

~あなただけの支援プランをお作りします~

 生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かを一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金

~家賃相当額を支給します~

 離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
 
 ※住居確保給付金の支給は、一定の要件を満たしている方が対象です。

家計相談支援事業

~家計の立て直しをアドバイス~

 家計状況の「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるように、収支のバランスや債務の状況を整理し、早期の生活再生を支援します。

就労準備支援事業

~社会、就労への第一歩~

 「社会とのかかわりに不安がある」、「ほかの人とコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難な方に就労に向けて段階的に支援します。

【相談から支援までの流れ】

 
 まずは相談窓口へ
 窓口に配置されている支援員が対応します。
 
       
 生活の状況を見つめる
 あなたの生活の困りごとや不安を支援員にお話しください。
生活の状況と課題を分析し「自立」に向けて寄り添いながら支援を行います。
 
        
 支援プランの作成
 支援員はあなたの意思を尊重しながら、自立に向けた目標や支援内容を一緒に考え、あなただけの支援プランを一緒に作ります。
 
       
 支援決定・サービス提供
 完成した支援プランは自治体を交えた関係者の話し合い(支援調整会議)により正式に決定され、その支援プランに基づいて各種サービスが提供されます。
 
          
 定期的なモニタリング
 各種サービスの提供がゴールではありません。あなたの状態や支援の提供状況を支援員が定期的に確認し、支援プランどおりにいかない場合は支援プランを再検討します。
 
        
 真に安定した生活へ
 困りごとが解決されると支援は終了しますが、安定した生活を維持できているか、一定期間は支援員がフォローアップします。

問合せ先

 
 生活自立サポートセンター(射水市社会福祉協議会 地域福祉課 相談支援係内)
   
                  TEL 0766-55-5203
 
 
 
TOPへ戻る