本文へ移動

社協レポート

富山福祉短期大学の学生と「若者のボランティア活動」について対談しました

2021-02-17
NEW
2020年12月23日に、富山福祉短期大学ボランティアセンターに所属している学生ボランティアコーディネーターと射水市ボランティアセンターの職員で「若者のボランティア活動について」の対談を行いました。

新型コロナウイルスの影響で、多くのボランティア活動の制限が余儀なくされています。そんなコロナ禍の中でもボランティアへの意識向上を図るため、ボランティア活動以外からのアプローチはできないか・・・ということで、富山県福祉短期大学の中村先生から、対談のお話をいただきました。

当日は、富山福祉短期大学のボランティアセンターに所属している学生ボランティアコーディネーター5名と、社会福祉学科助教の中村 尚紀 氏、射水市ボランティアセンターのボランティアコーディネーターの計7名が参加しました。

対談テーマ:「若者のボランティア活動について」

対談内容:①ボランティア活動のきっかけ
     ②ボランティア活動のメリット
     ③今後の企画の提案

※下記ファイルは、富山福祉短期大学の学生ボランティアコーディネーターのみなさんが作成してくださいました。
TOPへ戻る